木質ペレット燃料 恩賜林組合のペレット燃料について

木質ペレット燃料 恩賜林組合のペレット燃料について

こんにちは。株式会社NACS(ナックス)でペレットストーブを担当しています。荻窪です。

私は、山梨県富士吉田市を拠点に東京都・埼玉県・千葉県・神奈川県・静岡県・長野県・愛知県・など色々な県でペレットストーブの提案設置工事をしています。

最初は、ペレットストーブというと誰も知らなかったのですが近年は、県外からの問い合わせも増えて色々な県に設置させていただいています。

それでも、他の暖房器具と比べてもまだまだペレットストーブを知らない方も多いと思います。

今回は、弊社で取り扱っている富士吉田市外二ヶ村恩賜県有財産保護組合で製造している富士山の間伐材を使用した、恩賜林組合木質ペレット燃料について記事を書かせていただきます。


目次 1 特徴 / 2 使用感 / 3 値段 / 4 まとめ

*目次項目クリックで見たい項目にジャンプします。


特徴

恩賜林組合の木質ペレット燃料は全木ペレットになります(※全木ペレットについては、【木質ペレット燃料とは木質ペレット燃料の違い】を参照してください)

恩賜林組合の木質ペレット燃料は、富士北麓にある森林資源を活用して資源の循環を作り出し地球生態と共存しながら人々の暮らしに順応する社会を目指すために開発されました。

地元にある富士吉田市の中学校の全教室や小学校のなどに設置したペレットストーブにも使用されている為、燃料の品質は折り紙付きです。

また、地元富士吉田を中心に私が行ける範囲のところにペレットストーブを一般家庭に設置させていただいているのでこちらも燃料の室としては問題ないでしょう。

赤松と唐松、もみの木のブレンドになっていて間伐材を使用しているため若干タール汚れがでます。

しっかりとメンテナンスをしていれば問題ないです。

恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場


使用感

私は、年に一度ペレットストーブのメンテナンスで設置していいただいたお客様にお会いする機会が必ずあるので使用感を必ず聞くようにしています。

恩賜林組合のペレット燃料は地元で1年間に300~400トンぐらい普及しているので問題なく燃焼します。

私が取り扱っているペレットストーブは国産から海外の物まで大変種類も多く沢山のメーカーを扱わせていただいているのですが、全て問題ありません。

しかし、少しデメリットとすると灰分が少し多い事と若干タールがでる為、毎日火の見える窓の掃除が必要なのとメンテナンスが若干大変だとお客様から声をいただきます。

金額が10㎏400円~500円なので金額ベースで考えると全然問題ない燃料です。

木質ペレット燃料(左:恩賜林ペレット/右:富士山ホワイトペレット)
木質ペレット燃料(左:恩賜林ペレット/右:富士山ホワイトペレット)

値段

地元の恩賜林組合さんで木質ペレット燃料を製造しているので富士吉田市・忍野村・山中湖村にお住まいの方は、10㎏400円(税別)になります。

他にお住まいの方は10㎏500円(税別)になっています。

弊社から配達もいたしますし、運送会社さんに頼んで送る事も可能です。

恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場
恩賜林ペレット工場


まとめ

恩賜林組合木質ペレット燃料は、若干灰が多くでますが使用していて問題ない程度です。地元富士吉田市でも300~400トンと多く出荷し、大きい工場で安心安全に管理し製造されているので品質も安定した木質ペレット燃料になっています。

ペレットストーブは、地域の燃料の違いを楽しむことも1つの醍醐味だと感じます。

興味のある方は是非試して見てください!!