ペレットストーブ(Pellet stove)基礎知識編 1

・ペレットストーブ(Pellet stove)とは

ペレットストーブとは木質燃料ペレットを燃料とするストーブです。

北欧に製造メーカーがあり、ヨーロッパのほぼ全域や北米などで広く使われています。

イタリア、カナダ、アメリカなどでも大手のメーカーが製造販売されていて、日本にも輸入されています。

日本国内でも1990年代後半頃から製造を始めました。

間伐材の利用促進や非化石燃料を使うことで地球温暖化対策に貢献するなどの環境問題から注目されています。

また、近年は、灯油の小売り価格の高騰などもあり日本国内でも普及してきています。

 

木質燃料ペレット
木質燃料ペレット


・日本製ペレットストーブ

日本国内でもストーブで有名なストーブメーカの株式会社トヨトミ工業をはじめ、株式会社山本製作所、株式会社ヨウホク、有限会社近藤鉄工、株式会社サイカイ産業、山本製作所、豊実精工株式会社、有限会社シモタニ、株式会社ホンマ製作所、日銅設計株式会社,クラフトマン/石村工業株式会社、株式会社西村精工など日本で製造されているペレットストーブも増えてきています。国内で製造されているペレットストーブも設置されている台数も増えてきているので暖房の能力やオプションの機能など日々日進月歩で改善され良くなっています。

 

ナックスで取り扱う国内製ストーブ

・海外製ペレットストーブ

海外で製造されたペレットストーブは歴史もあり50年以上に渡り、薪ストーブ、暖炉、ペレットストーブを生産しているのでメーカー独自のシステムがあり、熱効率が良いです。主な海外のメーカーは、MCZ、EDILKAMIN(エディルカミン)、LINCARJAPN(リンカルジャパン)、PIAZZETA(ピアゼッタ)、HARMAN(ハーマン)、Ravelli(ラベリ)、CADEL(カデル)、RIKA(ライカ)と様々なペレットストーブがあり、メーカによりタイマーやセンサーの機能が違います。海外のペレットストーブは、国産のペレットストーブと比べるとデザイン性に優れた物が多いのとタイマーやセンサーなどの機能が沢山付いているのが特徴です。

 

ナックスで取り扱う海外製ストーブ

・木質ペレット燃料とは

木質ペレット燃料とは間伐材や木屑・廃材等を再利用して製造される木質バイオマス燃料(リサイクル燃料)です。排気するしかなかった資源を有効活用し、国を挙げてペレットの普及をしています。最近ではペレットの普及を推進している自治体でのペレット購入に対し補助金制度を設けている所ところも全国的に増えてきています。